かけつけソーシャルワーカー

メンタル疾患の方の医療と福祉の連携は大切だけれど

自立支援医療による医療費の負担減、手帳制度による各種サービス、リワークなどの福祉的支援。

医療と福祉の連携は、治療が長期にわたるメンタル疾患の患者様にとって、とても重要ですが、

それらを医療スタッフがカバーし、患者様に説明をするのは大変です。

とはいえ、大きな病院のように社会福祉士や精神保健福祉士を常勤で雇い入れるほどのゆとりがないのも実情ではないでしょうか。

 

お金、生活、治療…患者様の不安を減らすために

治療を支えるのが医療職、お医者様の役割です。

しかし患者様はお金の問題、生活の問題など、様々な問題を抱えている場合が多くあります。

それらの問題を支え、医療福祉サービスなどに結びつけるには、治療とは異なるケアが必要です。

 

かけつけソーシャルワーカーが、患者様の生活をバックアップ

そこで、かけつけソーシャルワーカーサービスのご案内です。

メンタル系疾患の方の社会保障に詳しい社会福祉士(ソーシャルワーカー)が、クリニックや患者様のご自宅にかけつけて相談援助業務を請け負い、患者様が安心して治療に専念できるよう、福祉サービスのご案内などをさせていただきます。

サービス対象地域

  • 名古屋市内

サービス料金

  • 1回5,500円(1時間まで、税込)
    ご予約の時間などに合わせてその都度かけつけます。

 

ご質問、ご依頼はメールフォームからお気軽にお寄せください

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 052-212-8645 受付時間9:00~17:00[ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © なごや社会福祉士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.